髭が生えないタイプの人と濃いタイプの人、決定的な違いは?

髭が生えない、薄い人と、髭が濃くなる人は何が違うのか?
MENU

髭が生えないタイプの人と濃いタイプの人、決定的な違いは?

「剃っても剃っても次々と生えてくる髭をどうにかしたい!」と嘆く男性がいる一方で、「全然髭が生えない、なぜだろう・・・。」と落ち込んでいる男性もいます。

 

なぜこれほどの違いがでるのか?根本的な原因を調べてみました。

 

やはり1番の違いは男性ホルモンの分泌量?

遺伝や生活習慣や食事、他にも色々な原因が影響を与えてはいますが、やはり一番の違いは男性ホルモンです。

 

男性にはテストステロンという男性ホルモンと、エストロゲンという女性ホルモンが存在しています。この2つのホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンがあまりに優位になりすぎると髭の濃さにつながります。

 

また、テストステロンに対する体の反応によっても髭の濃さが変わってきます。テストステロンに敏感に反応する人ほど髭は濃くなり、反応が弱いと髭はあまり生えないということになります。

 

テストステロンを増やせば髭を手に入れられる!?

テストステロン量が増えると髭が濃くなることはもちろん、他にも男性として若々しさを保つ様々な効果がでます。

 

  • 髭、筋力などの男性的特徴の増加
  • 抗糖尿病、抗肥満作用
  • 記憶力、決断力の向上
  • 心血管リスクの低減や寿命延長作用

 

理想の髭を手に入れた上にこの効果。
これは何とか増やしたいですね!

 

テストステロンを分泌させる近道

テストステロンの分泌量を増やすために良いとされていることはたくさんあります。質のいい睡眠やしっかりと栄養の摂ることのできる食事、アルコールを控えたり射精をするなど様々。

 

その中でも一番の近道は筋力トレーニングです。

 

ただ筋トレをすればいいというものではなく、息がすぐに切れてしまうほどの厳しい筋トレをこなすことが必要です。また、長すぎるトレーニングはかえってテストステロン値を下げてしまう原因となってしまうので、負荷をかけてのトレーニングがいいですね。

 

メリットばかりではない

テストステロンの分泌量が高まれば髭が濃くなり、他にもメリットがあります。ですがデメリットも当然あります。

 

その中でも男性が1番恐れるものが薄毛の進行でしょう。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因として大きく関わる男性ホルモンですから、その分泌量が増えるとなると当然薄毛への影響はあります。ですので、髭のために男性ホルモンを増やそうという方はその点に注意しなければなりません。

 

髭が生えても薄毛になったのでは恰好がつきませんからね。

 

薄毛リスクなしで髭をゲットするには?

私は下手に男性ホルモンを増やす努力をするよりも、リスク無く髭を手に入れるほうをおススメします。その方法というのがこちらの育毛剤。

 

肌にも優しく発毛効果がしっかりしているので髭を生やしたい部分に直接塗っても安心です。是非簡単に髭を手に入れましょう。

 

肌に優しくヒゲにも効果抜群のFINJIA

 

フィンジアは頭皮用の育毛剤で、その配合成分や浸透力から今最も売れている育毛剤の一つです。

 

薄毛対策もバッチリですが、不要な刺激物などは一切配合されていないため髭を濃くする面でもかなり力の発揮が期待できます。

このページの先頭へ